ホーム > 美容コスメ > セラミドが角層の水分を維持して潤い肌に

セラミドが角層の水分を維持して潤い肌に

肌の表面には角質層と呼ばれる部分があります。

この角質層、細胞と細胞が幾層にも重なってできていますが、細胞の間を隙間がないように接着しているのが細胞間脂質です。

そして細胞間脂質の主成分がセラミドです。

セラミドの役割は水分を抱え込み、細胞の間を埋めて外部からの刺激をブロックしたり肌の内側から水分を逃がさないようにしています。

つまり、セラミドのおかげで角質層の水分が維持でき、潤った肌になるのです。

セラミドは人の体内にもともとある成分です。

しかし、加齢やストレス、外部からの刺激などによってセラミドの生産量が減ってきてしまいます。

そうすると肌の角質層はセラミド不足で水分を維持することが出来ず、乾燥肌になってしまいます。

また、細胞の間に隙間ができると、ほこりやアレルゲンなどが肌の奥に入り込みやすくなります。

すると、かゆみを感じたり赤くなったりと、敏感な状態になってしまいます。

潤いのある肌はセラミドのバリア機能によって守られています。

どんなに外から化粧水をつけても、セラミドがしっかり備わっていない肌では水分を維持することが出来ず、どんどん蒸発してしまいます。

潤い肌になるにはセラミドが欠かせないのです。

http://nikibijya.sblo.jp

 


関連記事

  1. 化粧品のオンラインショッピングを試したい

    CAC化粧品のオンラインショッピングサイトと言うのを見つけました。 化粧品の情報...

  2. セラミドが角層の水分を維持して潤い肌に

    肌の表面には角質層と呼ばれる部分があります。 この角質層、細胞と細胞が幾層にも重...