ホーム > 日記 > 効果的な腹筋運動の方法

効果的な腹筋運動の方法

私は学生時代、吹奏楽部に所属していました。

金管楽器を担当していたので、腹式呼吸で楽器に息を吹き込まないといけませんでした。

そのために必要だったのが腹筋でしたので、腹筋トレーニングは毎日欠かせませんでした。

トレーニング方法はシンプルな上体起こしです。

ただきつい運動をすればいいということではなくて、適度な量を何セットも行うのが効果的なのだと先生に教えていただき実践していました。

腹筋を鍛える際に重要なのは背筋も同時に鍛えることだというのも先生に教えていただいたことです。

腹筋を支えるのが背筋なので、両方の筋肉をバランスよくつけなればいけないのだそうです。

部活がない日でも腹筋と背筋のトレーニングを最低3セットするのが私の習慣でした。

楽器を始めたばかりの頃は息が全然続かず、息を30秒以上吹き込み続けるというテストに合格することができませんでしたが、筋肉トレーニングを始めてから1,2ヶ月経ったくらいからタイムがみるみる伸び、努力の成果を実感することができました。

その後もトレーニングを続け、演奏の練習自体もマジメにやっていたことで、一年半後には実力を認められソロパートに抜擢されたのがとても嬉しかったのを今でも覚えています。

背筋と腹筋で身体を支えることで、楽器の演奏が上達するばかりか、姿勢もよくなり、いいことづくめでした。

ボディカル効果

関連記事

  1. 探偵事務所の身元調査|各種調査をお願いするのであれば...。

    不正な法律行為の賠償問題になった場合については、3年経過で時効と民法に明記されて...

  2. 効果的な腹筋運動の方法

    私は学生時代、吹奏楽部に所属していました。 金管楽器を担当していたので、腹式呼吸...

  3. 運動で危険なメタボリックシンドロームを改善しましょう

    近年我が国でもメタボリックシンドロームの危険性が話題となっています。 メタボリッ...

  4. 美味い焼き鳥

    無性に焼き鳥が食べたくなって、   主人を誘って近所の焼き鳥屋さんに行...